目次

「患者救済のための基金活用」を!妨害図る環境省+御用学者、業界代表にはマケナイぞ/石綿健康被害救済小委員会<報告1>

目次「根本問題」と「いのちの救済」を目指して第一回会議、基金活用に支持の声相次ぐ環境省、基金活用の声封殺を策動 「根本問題」と「いのちの救済」を目指して 労災補償の対象とならない石綿被害者(一人親方・事業主、環境被害者、 […]

秋です-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/52 右田孝雄

皆さん、こんにちは。 私は相変わらず気持ちは元気ですし、食欲の秋、芸術の秋、運動の秋と過ごしやすい季節となりました。私はもっぱら食欲の秋ですね。 前回のコラムでお話しさせていただきましたが、先月ごろから急に右脇腹にコブの […]

☆更新☆労災・職業病 安全衛生 ニュース(~2022年9月)/クボタショックから6年半のアスベスト報道(2005年6月~2011年11月)

※2022年9月までに更新<2022年11月01日> 機関誌「関西労災職業病」の最後のページに掲載している新聞記事からのスクラップ一覧をまとめて掲載しています。 掲載されているのは、1999年12月から2022年9月分( […]

「命の救済」と「すき間・格差のない救済」を求めて /中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会が省庁交渉

丁々発止の攻防のなか 患者と家族の会が毎年行っている石綿健康被害救済に関する政府交渉が7月26日、オンラインで行われた。 交渉に先立ち同会は、環境、厚生労働、法務の三省大臣宛に要望書を提出、重点課題について当事者の声を当 […]

第2ステージ-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/51 右田孝雄

皆さん、こんにちは。 私は相変わらず元気ですと言いたいところですが、実は9月の初旬辺りから右脇腹に鈍痛が出てきて、それが徐々に断続的に起こるようになってきました。今までとは全く違う痛みにおかしいと右脇腹を触ってみたんです […]

クラブマネージャーの店舗内吹付アスベストによる中皮腫、特別遺族給付金支給決定/時効救済●大阪

2020年9月関西労働者安全センターに一本の電話が掛かってきた。石綿健康被害に関する相談で、胸膜悪性中皮腫の疑いがあるというものであった。詳しい詳細を伺うため、同年10月6日火曜日事務局の私たちふたりは、兵庫県内の相談者 […]

相棒が逝った-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/50 右田孝雄

皆さん、こんにちは。私は相変わらず元気です。 今回は50回記念ということですが、2018年4月から始まった「死ぬまで元気です」はもう4年半も連載していただいているんですね。一体どこまで続くのやら、これを投稿しているうちは […]

建材メーカーを相手取り一斉提訴、全国10地裁2022年6月7日。建設アスベスト訴訟、新たな段階へ/建設アスベスト給付金認定件数800超 

目次建材メーカーだけを相手に一斉提訴原告191人(対象被害者136人)提訴皮切りに建材メーカー訴訟提訴に当たっての声明大阪地裁提訴3弁護団共同記者会見立ち上がる新たな原告団・弁護団 建材メーカーだけを相手に一斉提訴 国と […]

「中皮腫とともに生きる」先着5名プレゼント-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/49 右田孝雄

皆さん、こんにちは。 私は相変わらず元気です。 私は2016年の7月に悪性胸膜中皮腫と確定診断を受け、7月25日から抗がん剤治療を始めました。それから6年経ち思うことがあります。 発症当時、近所の方や親せきの方が心配して […]

建設労働者の労働者性と労災特別加入問題●大阪

令和元年11月1日に肺がんに罹患した被災者は、主治医から、石綿が原因の肺がんであることは明らかであるという説明を受けた。そして、石綿救済法に基づく救済給付の申請を勧められ、病院の協力を得て早期に認定を受けた。手術を伴う治 […]

労災時効救済や石綿救済の請求期限延長が実現、石綿救済法改正が6/17公布。そして、闘いはこれからだ!

目次2022年3月27日までの請求期限を10年間延長、2032年3月27日に改正の具体的内容【環境省所管救済(救済給付)】【厚生労働省所管救済(特別遺族給付金)】意義ある改正法の附則附帯決議に大きな意義石綿による健康被害 […]

全開!の6月-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/48 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気です。 が、実は6月に入ってからのハードなスケジュールに結構バタバタして忙しくて少々疲れ気味でした。 6月11、12日に中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会福岡支部、山口支部で […]

倉庫内の石綿問題の取り組みー労働者2名に胸膜肥厚/全港湾大阪支部安全衛生委員会●大阪

私がD社に就職した1984年頃は、アスベストの危険性が認識されておらず、一般に使用されている建築資材であり、危険性の有無を疑う余地はないと思っていました。 その後、2005年に兵庫県尼崎市で発生したアスベスト健康被害、い […]

港湾施設改善と石綿撤去問題~全港湾大阪支部安全衛生委員会/大阪

2005年に兵庫県尼崎市で発生したアスベスト健康被害、いわゆる”クボタショック”は多数のアスベスト被害者が発生しているばかりか、工場周辺住民にも複数の中皮腫患者が出ていることが明らかにされたことなど、あまりにも有名な社会 […]

アリムタ投薬後はいつも悪心の副作用-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/47 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか? 私は至って元気ですと言いたいところですが、抗がん剤のアリムタ単剤投薬の直後で、この記事を書きながら気持ち悪さを少し感じています。抗がん剤の副作用は人それぞれでつらい方もいれば、軽い方もいます […]

大阪高裁が一審判決取消の不当判決、上告へ~震災後のがれき処理でアスベストばく露した明石市職員の島谷さん公務外認定取消し訴訟

一審で公務災害と認めた判決を高裁が取り消す不当判決があった。公務災害基金が控訴したことも不当であったが、さらに高裁が取り消す事態となった。 本裁判は、一審の神戸地裁が地方公務員災害補償基金兵庫県支部の公務外認定を取り消す […]

「アスベスト被害救済を打ち切るな!!全国一斉緊急ホットライン」に相談多数、全国で700件以上

時効救済打ち切り=新たなすき間は許されない 労災補償制度において、遺族補償の請求権の時効は、被災労働者の死亡日から5年。 遺族補償は労災制度では時系列でいうと最後の補償になるので、つまり、5回目の命日をもって一切の労災補 […]

-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/46 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気です。 新型コロナも少し落ち着いている感もあり、キャラバン隊のピアサポート活動での各地方での交流も再開させていただきました。 4月3日は名古屋市で、4月17日は福井市で、そして4 […]

石綿健康被害救済基金を活用して中皮腫治療研究推進を!石綿救済法改正を!-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/45 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気ですが、今の世の中は本当に大変ですね。 新型コロナウィルスが全世界に流行して、マスク、消毒、手洗いが当たり前な世の中になり、オミクロン株で第6波が来てようやく収束しかけたと思った […]

建設アスベスト訴訟、建材メーカーとの闘い続く-関西建設アスベスト大阪2陣、3陣法廷から

国と建材メーカーを相手取った建設アスベスト訴訟は、現在、建材メーカーとの法廷闘争を中心に闘われている。国の制度として、建設アスベスト給付金制度がスタートし、国とは法廷での和解が進んでいる。 建設アスベスト給付金制度が開始 […]