目次

労災時効救済や石綿救済の請求期限延長が実現、石綿救済法改正が6/17公布。そして、闘いはこれからだ!

目次2022年3月27日までの請求期限を10年間延長、2032年3月27日に改正の具体的内容【環境省所管救済(救済給付)】【厚生労働省所管救済(特別遺族給付金)】意義ある改正法の附則附帯決議に大きな意義石綿による健康被害 […]

全開!の6月-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/48 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気です。 が、実は6月に入ってからのハードなスケジュールに結構バタバタして忙しくて少々疲れ気味でした。 6月11、12日に中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会福岡支部、山口支部で […]

☆更新☆労災・職業病 安全衛生 ニュース(~2022年5月)/クボタショックから6年半のアスベスト報道(2005年6月~2011年11月)

※2022年5月までに更新<2022年7月2日> 機関誌「関西労災職業病」の最後のページに掲載している新聞記事からのスクラップ一覧をまとめて掲載しています。 掲載されているのは、1999年12月から2022年5月分(45 […]

港湾施設改善と石綿撤去問題~全港湾大阪支部安全衛生委員会/大阪

2005年に兵庫県尼崎市で発生したアスベスト健康被害、いわゆる”クボタショック”は多数のアスベスト被害者が発生しているばかりか、工場周辺住民にも複数の中皮腫患者が出ていることが明らかにされたことなど、あまりにも有名な社会 […]

アリムタ投薬後はいつも悪心の副作用-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/47 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか? 私は至って元気ですと言いたいところですが、抗がん剤のアリムタ単剤投薬の直後で、この記事を書きながら気持ち悪さを少し感じています。抗がん剤の副作用は人それぞれでつらい方もいれば、軽い方もいます […]

大阪高裁が一審判決取消の不当判決、上告へ~震災後のがれき処理でアスベストばく露した明石市職員の島谷さん公務外認定取消し訴訟

一審で公務災害と認めた判決を高裁が取り消す不当判決があった。公務災害基金が控訴したことも不当であったが、さらに高裁が取り消す事態となった。 本裁判は、一審の神戸地裁が地方公務員災害補償基金兵庫県支部の公務外認定を取り消す […]

「アスベスト被害救済を打ち切るな!!全国一斉緊急ホットライン」に相談多数、全国で700件以上

時効救済打ち切り=新たなすき間は許されない 労災補償制度において、遺族補償の請求権の時効は、被災労働者の死亡日から5年。 遺族補償は労災制度では時系列でいうと最後の補償になるので、つまり、5回目の命日をもって一切の労災補 […]

-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/46 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気です。 新型コロナも少し落ち着いている感もあり、キャラバン隊のピアサポート活動での各地方での交流も再開させていただきました。 4月3日は名古屋市で、4月17日は福井市で、そして4 […]

石綿健康被害救済基金を活用して中皮腫治療研究推進を!石綿救済法改正を!-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/45 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気ですが、今の世の中は本当に大変ですね。 新型コロナウィルスが全世界に流行して、マスク、消毒、手洗いが当たり前な世の中になり、オミクロン株で第6波が来てようやく収束しかけたと思った […]

建設アスベスト訴訟、建材メーカーとの闘い続く-関西建設アスベスト大阪2陣、3陣法廷から

国と建材メーカーを相手取った建設アスベスト訴訟は、現在、建材メーカーとの法廷闘争を中心に闘われている。国の制度として、建設アスベスト給付金制度がスタートし、国とは法廷での和解が進んでいる。 建設アスベスト給付金制度が開始 […]

肺がんで労災に認定された左官の労働者性、特別加入歴で形式的に決められた給付基礎日額をめぐって行政訴訟を提起/三重

誤った給付基礎日額で長年休業補償給付を受給してきた被災者が、休業補償の支給決定に対する取消訴訟を本年1月6日に津地方裁判所に提起した。 被災者は、昭和30年代末から平成20年にかけて左官工として建設場において石綿含有のモ […]

「まあ、これでしばらくは生きれるなあ」-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/44 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気です。というのも、いいことがあったんです。 1月下旬なんですが、PETCT撮影の検査を一年ぶりに行いました。数日後の診察日に主治医からその結果の話がありました。どんな結果になって […]

2021年石綿健康被害ホットラインを実施

2021年12月、例年通り石綿ばく露作業による労災認定事業場の公表にあわせて「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」の全国アスベスト健康被害ホットラインが、16日・17日に実施された。 普段から患者と家族の会はアスベス […]

建設アスベスト給付金制度が開始!まずは労災支給決定等情報提供サービスの利用を

目次厚労省相談電話は「カケホ」でも有料労災支給決定等情報提供サービス給付金の請求認定審査会 厚労省相談電話は「カケホ」でも有料 2022年1月19日、建設アスベスト給付金法が施行された。国からの給付金制度がはじまり、建設 […]

中皮腫を治る病気に!-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/43 右田孝雄

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 旧年中はコラムをご愛読いただき、誠にありがとうございました。今年も何卒ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 皆さんのご支援のおかげでまた無事?に新年を迎えることができま […]

「アスベスト絵伝」出版/絵手紙ライターが追いかけた泉南のひとびと

泉南アスベスト国家賠償訴訟のはじまりから、その記録と梶本政治医師の遺品を展示する「アトリエ泉南石綿の館」建設までを絵手紙に描き続けた中村千恵子さんの作品が「絵伝」となり出版された。 絵伝は、Ⅰ部・絵巻物写真集「泉南石綿の […]

「間質性肺炎」で死亡も、石綿肺と認められ労働保険審査会で逆転労災認定裁決:平和石綿工業(長野県)元労働者

名古屋労災職業病研究会 成田博厚 石綿紡織工場で15年以上の職歴がありながら、死亡診断書で「間質性肺炎」と診断され、労災不支給になったが、労働保険審査会で逆転取り消しとなった事例があった。粘り強く取り組み、死亡原因を「石 […]

石綿(アスベスト)健康被害救済法改正への3つの緊急要求~格差とすき間をなくせ/治療研究に基金活用を/時効救済の延長継続を

中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会 中皮腫をはじめとするアスベスト疾患の患者・家族の団体である「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」が、法施行から15年を迎えた「石綿健康被害救済法」改正を求める緊急要求をかかげて […]

石綿健康被害救済法の改正を!-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/42 右田孝雄

皆さん、ご機嫌いかがですか?私は至って元気と言いたいのですが、この11月から特に仲良くさせていただいていた5人の患者さんが旅立たれました。 もう心が折れるを通り越して、感情のコントロールができません。本当に悔しくて悲しく […]

抗がん剤でジェネリック、あれ?-胸膜中皮腫患者の前向き一辺倒-闘病記~死ぬまで元気です/41 右田孝雄

皆さま、お元気ですか? 私はただ今ペメトレキセドの副作用により、体調がおかしい状況にあります。ペメトレキセドとは通称アリムタというのですが、それなら皆さんもお分かりだと思います。しかし、何故ペメトレキセドと書いたかという […]