労災保険のなかに、通勤災害保護制度が創設されたのは1973年9月で同年12月1日から施行された。これ以降、いわゆる業務災害と同様に通勤災害が労災保険法で保護されることになった。

いまでは、当たり前のように通勤災害、通災と言いっているが、当時の労働組合運動の力によるところが大きかった。労災保険法は労働基準法と同時に1947年に創設されているので、通勤災害保護制度までにはなお26年を要したことになる。

労働基準法第八章災害補償には、使用者の災害補償責任が定めれ、労災保険法はこれを担保するために創設された。その後現在まで、様々な改正が行われた中でも、大きな改正の一つがこの通勤災害保護制度だった。

まず認識しておかなければならない点として、業務災害(労働災害)と通勤災害の法律上の大きな違いである。
前者は労災補償、つまり「補償」の対象であるが、後者はあくまで「保護」の対象であることだ。たとえば、労災保険法では、業務災害に対しては休業補償給付、通勤災害に対しては休業給付という用語があてられ、「補償」は使わない。また、労働災害であれば、療養のための休業中とその後の30日間の解雇は禁止される労働基準法19条が適用されるが、通勤災害の場合はこの規定は適用されない。

こうした基本的な相違はあるが、給付内容は同じだ。また通勤災害は日常的に発生するものなので、制度と運用についての知識は大切だ。当サイトでは通勤災害ついて実用面からの情報を「通勤災害認定マニュアル」を中心に以下に提供しているので活用していただければありがたい。
わからないことがあれば当センターまでご相談ください。

通勤災害の認定について(15)通勤途上の暴力

「歩きスマホは危険です」というポスター を鉄道駅構内でよく見かけるようになり、 駅アナウンスでも携帯端末のゲーム機能に夢中になるな、との啓発放送を繰り返して いる。 前をよく見ずに移動することで転倒や他の乗客との衝突など […]

通勤災害の認定について(14)通勤途中の意識消失:原因は持病か「満員電車」か

目次通勤に起因することの明らかな疾病発症経緯をみてみると血管迷走神経性失神が最もあり得る 通勤に起因することの明らかな疾病 閉所恐怖症のため、満員電車で発作が起こる心配を抱えた人の話を聞いたことがある。また、心臓にペース […]

通勤災害の認定について(13)ショッピングセンター駐車場は「経路」か

目次日常生活上必要な行為ショッピングセンター駐車場内の事故 日常生活上必要な行為 通勤の途中において、労働者が通勤から逸脱、中断をする場合には、その後は就業に関して行う行為というよりも、 もともとの目的が逸脱・中断の元と […]

通勤災害の認定について(12)遠回りは非合理か

目次(再)審査請求事案から遠回りをしても合理的な経路になりうるか1 事案の概要及び経過2 原処分庁(監督署)の意見ア 合理的な経路とはいえないことイ 請求人が災害にあったのは、逸脱中であることウ ささいな行為とはいえない […]

通勤災害の認定について(11)善意行為

目次善意行為で被災しても通勤のため必要かつ合理的か咄嗟の反射的行動は認める 善意行為で被災しても 人に親切にすることで非難されるいわれはないが、 通勤災害に関わる問題となると事情が異なる。 善意行為(救助、援助等)は、通 […]

通勤災害の認定について(10)自宅の範囲

目次自宅敷地の内と外アパートの内と外 自宅敷地の内と外 今回は自宅の範囲について学習する。解説書などで紹介されているケースは、「マイカー通勤をしている被災労働者は、当日出勤のため、 自宅敷地内にある車庫から車を車庫外に出 […]

通勤災害の認定について(9)自宅でない「住居」からの通勤

目次長女宅や病院からの通勤継続性 長女宅や病院からの通勤 ここ2回ほど住居について学習をしてきたが、住居とは、労働者が居住して日常生活の用に供している家屋等の場所で、労働者本人の就業のための拠点となっているところをいう。 […]

通勤災害の認定について(8)友達や恋人宅への 「帰宅」

目次就業のための拠点私的事由は不可というが・・時代が違うのでないか 就業のための拠点 前回は単身赴任者の住居について学習した。家族の住む家と、 赴任先の家の2つの住居を持つ単身赴任者がいずれの家から勤務先に向かっても通勤 […]

通勤災害の認定について(7)単身赴任者住居と自宅の移動

目次単身赴任はつらいよ単身赴任者の「通勤」平成18年改正でやっとこさ 単身赴任はつらいよ 毎年3月の中旬になると「転勤の内示を受けたのだが、なんとか回避できないか」という相談が入る。彼らの背景事情を聞いてみると、子供が生 […]

通勤災害の認定について(6)飲酒運転による事故

目次「支給制限あり得る」扱い飲酒運転での不支給事例 「支給制限あり得る」扱い 飲酒運転の厳罰化により、酒を飲みながら車を運転する人は見かけなくなったし、自家用車で行かなければならないような場所にある田舎の飲み屋が商売あが […]

通勤災害の認定について(5)自転車二人乗りで事故

目次おまえが悪い、と一概に・・時代背景変わり「支給制限」該当もあり得る? おまえが悪い、と一概に・・ 前回に引き続き、被災者が「そんなことをするから事故に遭うんだ」と事業主から言われてしまうようなケースを勉強しよう。今回 […]

通勤災害の認定について(4)寝坊と通勤災害

目次遅刻の取扱い通達早出の場合の事例予定された方法でない通勤 遅刻の取扱い通達 前回まで「就業に関し」について集中して学習してきたところなのでお分かりになると思うが、寝坊などで遅刻をした場合でも、仕事をするために会社に行 […]

通勤災害の認定について(3)「就業に関し」:終業後の時間の使い方

目次「就業に関し」の範囲「就業に関し」の事例2時間は目安 「就業に関し」の範囲 この連載は今のところ労働者災害補償保険法7条2項の 「就業に関し」 に焦点を当てている。条文を読み返してみると、「…通勤とは、労働者が、就業 […]

通勤災害の認定について(2)会社を出る前の飲酒

前回は通勤から逸脱しない範囲の通勤途上飲酒について述べた。今回は、帰宅する前に会社で飲んでしまったケースを考えてみよう。 目次「打ち上げ」で飲酒後、退勤途上交通事故労災申し出に会社が難色「就業に関し」の範囲被災者にとって […]

通勤災害の認定について(1)帰宅途中の飲酒

目次会社歓送迎会めぐる最高裁判決労災保険法上の「通勤」逸脱と中断「ちょっと一杯」は? 会社歓送迎会めぐる最高裁判決 2016年7月8日、最高裁判所で、ある労災事件に関する判断が示された。被災者は、一度は断った会社の歓送迎 […]