建設アスベスト訴訟、最高裁弁論10月22日に決定。年内に最高裁判決か?

建設現場でのアスベスト被害者が、国と建材メーカー(企業)に対して損害賠償を求めた建設アスベスト訴訟について、最高裁判所は判決に向けた弁論を、10月22日に開くことを決定し、通知した。

建設アスベスト訴訟は、2008年東京からはじまり神奈川、札幌、京都、大阪、福岡の6地裁で提訴れ、現在までに、神奈川1陣、東京1陣 、大阪1陣、京都1陣 、九州1陣について、最高裁判所に係属している。

このうち、はじめの4件について最高裁第1小法廷、最後となった九州1陣は第2小法廷に係属中である。10月22日に弁論のあるのは神奈川1陣。

建設アスベスト訴訟では、原告(被害者)の立場は、労働者と一人親方等の個人事業主と2つにわかれており、被告は国と企業という2つがあるので、判決における賠償責任の認定については、国の責任が労働者と個人事業主のそれぞれに認められるかどうか、企業の責任が認められるかどうかの点で、それぞれ判断が分かれてきた。

また責任が認められる場合も、責任期間と責任主体についても判断が分かれる。

最高裁では、これら複雑に入り組んだ論点について統一的な判断が示される見通しだが、判決の行方は予断は許されない状況といえるだろう。

建設アスベスト訴訟 神奈川の元作業員らの裁判 最高裁で弁論へ NHKニュース 2020年8月6日 17時20分

建設アスベスト訴訟、10月弁論 統一判断示される可能性―最高裁 時事通信 2020年08月06日21時39分

建設アスベスト訴訟、最高裁弁論が10月22日に決定。年内に最高裁判決か、行方は予断許さず。最高裁第一小法廷/神奈川第1陣

10月22日、神奈川1陣訴訟の最高裁弁論が決定 大阪アスベスト弁護団