1983年01月10日発行(104,105合併号)

●年頭にあたって
関西労働者安全センター運営協議会 議長 山本敬一・・・1
●10年の蓄積を基礎に、中期的政策の確立を・・・2
関西労働者安全センター 事務局長 榎本祥文
●<新シリーズ>公務災害-認定制度と運用の硬直化の打破に向けて-(1)・・・5
 民間の方がマシなのはなぜか/やりたい放題の地公災基金
●<新連載>労働と精神神経障害(1)紀泉病院副院長 中山隆嗣・・・7
 精神病は差別と偏見にさらされている/孤立している精神病者/精神医療の改革が必要/精神病に対する正しい理解を/第1章・主な精神神経障害
●闘いの中からー組織がなければこの認定はかちとれなかっただろう・・・10
 全金ニッコー金属支部
●80年代医療の動向と我々の任務(最終回)・・・11
 労災職業病研究会 松浦良和
●マイクロエレクトロニクスと労災職業病(その4)・・・15
●針灸治療費制限闘争・・・19
3月全国総行動に向け各地の共闘強化を!
●11、12月の新聞記事から・・・22
●前線から(ニュース)・・・23
大阪・保母の職業病対策・重点取り組みへ 連続学習会がスタート 大阪市職民生局支部/北摂・学校用務員の腰痛再発、基金支部審査会へ反論書 摂津市職労/大阪西・OA化の中の頸肩腕障害 発症から4年目に労災認定/此花・住電未払賃金訴訟 大阪高裁で勝利和解 近く報告集会も・・/大阪中央・国保歯科担当者責任者の脳卒中 心疲労原因と労災申請 大阪国保連労組/東大阪・出勤途上の急性心不全 地域ブロックで認定に取り組み 全金協和精工支部/南大阪・南労会運営委が第6回総会 健診体制充実を要に増築計画を確認/尼崎・ヤンマー出稼訴訟 大阪地裁にて和解成立/交野・キャディーの職業病問題 センター・診療所現地見学 全国一般交野カントリー労組/南大阪・南大阪地区評主催「脳卒中心臓死学習会」150名の参加で成功/北大阪・腰痛健診は組合推薦医療機関で 半日ストで要求勝ち取る 大阪オフセット労組/阪南・運送労働者の急性心不全 申請から2ヶ月でスピード認定(堺労基署)/南大阪・元請責任の腰痛訴訟 大阪地裁が不当棄却 大阪地域合同佐野安下請労働者支部/南大阪・20年前の肘負傷 外科後扱い不当と再発申請 全港湾大阪支部協鉄分会/大阪・弁護士労災問題実務研究会 第一期を終了/大阪・フォークリフト病闘争で組合結成 全港湾大阪支部昭運社分会
●第2期労災職業病闘争講座をふりかえって・・・32
 12回の長丁場にのべ576名、修了者も29名
●うちの組合-全金山根金属支部(西淀川区)・・・33
●鉄鋼職場からの報告-神戸製鋼尼崎労働者・・・35
 傾斜集中生産体制の下、昨年は17名の死亡事故

198301104_105