1984年08月10日発行(124号)

●大阪市職民生局支部保母健診・・・1
労働条件調査のまとめおわる-頸肩腕障害発生は経験年数に比例
●港湾労働にじん肺法を適用-じん肺審議会が最終確認(上)・・・2
上組闘争から10年、今後の運動への礎石-全港湾中央本部 伊藤彰信
●<職場つうしん>全港湾大阪支部書記長 華川万吉・・・5
労働安全衛生予防協約闘争-組合の趣旨説明に半数の企業は全面反発
●<学習のページ>こんなときどうする-職場安全活動の手引き-(2)・・・7
労災で休業するとき-上
●前線から(ニュース)・・・10
大阪中央・待機期間中の飛び降り骨折 組合員の熱意実り労災に 総評東地域合同労組大阪生花分会/大阪・地域合同労組保育部会で職業病問題で交流会 どの職場でも頸肩腕障害腰痛で苦労/北摂・吹田でも飛び降り骨折に取り組み 総評地域合同労組キムラヤチェーン分会/南大阪・全国フィールド合宿のトップ切り南大阪合宿に36名参加 新たに養護施設、清掃工場労働者と交流/南紀・古座川フィールド合宿は21名 家庭訪問など通し林業労働者・被災者の実情把握/大阪・いのちとくらしを守る会、「労災補償と認定問題」で学習会 安全センターとの協力関係強化へ/大阪・大阪市従工場分会 清掃工場クレーン作業の職業病問題に取り組み開始/南大阪・鉄鋼下請労働者の労災上積み補償闘争 安全センター、いのくらの協力で165万かちとる
●7月の新聞記事から・・・16
●うちの組合-全逓大阪日逓支部・・・17

198408124