1983年10月10日発行(114号)

●秋期学習運動を成功させよう!・・・1
●<焦点>職場復帰援護金制度出される・・・3
●目で見る労災職業病<度数率>・・・6
●<シリーズ>公務災害-報告-・・・7
大阪市職民生局支部 自主健診の実施を決定
●前線から(ニュース)・・・9
大阪中央・大阪国保連中谷労災闘争 申請より1年2ヶ月ついに労災認定に/天王寺署もくも膜下出血死の労災認める/奈良・グラインダー工の振動障害、西労基署が「実質的権利回復」を約束/大阪・センター設立10周年パーティー 100名を超える参加者で盛大に開催/全国・放射線被曝限度緩和反対運動進む 原水禁が署名運動/大阪・コンピュータ労働と安全衛生研究会がスタート VDT傷害など取り組み課題決める/大阪中央・安全センター労職闘争講座 前期盛況に続き9/22後期スタート/東大阪・初めての地域講座 3回120名の参加で成功 全金生野東成ブロック/南大阪・地区評主催で「歯と健康」学習会 前歯欠損の労災適用などに課題/大阪・マンガン中毒患者が交流会 認定基準闘争や交流紙発行決める/大阪・笹タンニン酸中毒訴訟 20余名の傍聴のなかで主治医の主尋問/南大阪・針灸学習会第9期が終わる 約40名の高修了率/東大阪・塗装工のギックリ腰 元請企業の証明なくても申請を受け付け
●8、9月の新聞記事から・・・15
●83全国フィールド合宿を振り返って-フィールド合宿実行委員会・・・16

198310114