★最新★胆管がん労災認定状況-2019年度は3件、神奈川で初の認定。累計48件に/SANYO-CYP社はその4割の19件

2019年度中に認定された職業性胆管がん事案が3件であることがわかった。労災かどうかを判断する厚生労働省「印刷事業場で発生した胆管がんの業務上外に関する検討会」が2019年中は10月21日に開催され、ここで5件の業務上外が判断され、うち印刷業の3件が業務上、印刷業以外の2件を業務外と判断していた。

業務上とされた3件は、東京、神奈川、愛知の各労働局管内の労基署に請求があった事案だった。神奈川局では初めての認定事案となった。

2019年度までの累計では48件となる。うち、職業性胆管がん事件の「震源地」であるSANYO-CYP社の(元)労働者は19名で、全体の4割を占める。2018年度は3件が認定されており、いまだ、職業性胆管がんの発生が続いているということになる。健康管理手帳の取得勧奨など国と企業に夜一層のきめ細かい退職者健康管理が求められている。

(参考)2018年度データ