元はつり労働者のじん肺労災認定 沖縄

(2003年9月機関誌より)

前線から

元はつり労働者のじん肺労災認定 沖縄

本誌2003年2月号で報告したじん肺・肺結核・続発性気管支拡張症で沖縄県豊見城市の病院に入院中の男性Aさん(72才、那覇市在住)に対して、9月に沖縄労基署は業務上疾病と認める決定を行った。
Aさんは、20代後半から、建設・解体の現場ではつり作業に就いた。一時、大阪で働いたが、主に沖縄ではつり作業に従事した。Aさんによれば、最終粉じん作業は、恩納村(おんなそん)にあるホテル「ラマダ・ルネッサンス・リゾート・オキナワ」建設工事で1987年前後とみられたため、所轄の沖縄労基署に昨年労災請求、約10ヶ月を経て支給決定となった。
じん肺肺がんで労災請求中の1件をはじめ、今後も沖縄のはつり労働者の問題に取り組んでいくことにしており、近日中に、沖縄での調査、相談活動を行う予定になっている。
ところで、Aさんの場合、結核と診断され、治療を受けた医療機関が、いずれも県立病院、国立病院であったにもかかわらず、労災補償の道をつけてもらえていなかった。ここにじん肺患者のおかれた難しい状況が象徴されている。労災請求への協力を求めて面談した国立病院の主治医に「この写真のどこにじん肺があるのかわからない」と言われたときは少しショックだった。「都会はじん肺砂漠だ」という人もいるくらいで、医療機関の無理解がじん肺患者の救済を阻む要因になっている。それは全国共通の問題であって、今回の経験が特に沖縄的なわけではないにしても、じん肺患者を取り巻く不十分な状況があることが数字からもうかがえる。
沖縄県における過去10年の「じん肺及びその合併症での新規労災認定件数」は次のようになっている。
2001年度-0件(建設業-0件)、00年度-1件、99年度-2件、98年度-1件、97年度-5件、96年度-1件、95年度-2件、94年度-1件、93年度-0件、92年度-2件。
県の人口が133万人であるとしても、全国的に見るとかなり少ない。
2002年の沖縄県のじん肺管理区分決定状況をみると、全体で3件(すべてセメント製造業で管理2)。はつり作業者が該当する「ずい道工事以外の建設業」では0件。
管理区分申請はじん肺健診で有所見とされた者について行われる。そこで、2002年のじん肺健診実施状況を調べてみると、はつり業者が該当する「建築工事」では5業者がじん肺健診を実施していたが、沖縄労働局によると、「その中にはつり業者は含まれていない」とのことだ。
つまり、はつり業者がほとんどじん肺健診を実施していない可能性が高く、建設業の中で、粉じんに高度に曝露しているはつり労働者の健康管理が全く行われていないのではないかと考えられる。健康障害が当たり前であるほど、露見することを嫌って健康管理を怠りがちになるというのが一般的だろう。上記の新規労災認定件数が少ないことは、こうしたことにも起因しているかもしれない。
いずれにせよ、沖縄のはつり労働者の健康管理については抜本的な対策が必要で、このことは、他の地方も同様と思われる。

 

労災認定はされたけれど… 東大阪

頸椎椎間板ヘルニアで療養中のBさんの労災支給決定が下りた。発症から7ヶ月であった。Bさんの職場は、人工大理石の台所、洗面所などを製造しており、Bさんの仕事は人工大理石の加工・組み立てだった。Bさんは、今回の労災の3ヶ月前に、労災で右手小指の先を切断し、その治療は終わっていたが指先に疼痛が残っていた。そのために右手をかばい、主に左手で作業を行なっていた。10キロほどの人工大理石のパーツを担上げようとして手が滑り、あわてて頭と左肩でパーツを支えたときに、左肩に激痛がおこった。しかし、仕事が忙しかったためにBさんは片手で仕事を続け、2週間ほどたってから痛みが耐え難いものとなり、病院で頸椎の椎間板ヘルニアが分かった。痛みがひどかったために1ヶ月入院治療したほどだった。しかし、指の事故では会社は労災保険の手続きを速やかに行なったにもかかわらず、今回は会社の態度がはっきりせず、病院のソーシャルワーカーの紹介で安全センターを訪れた。
事業主と話し合うために訪れた東大阪市の町工場は、加工機械がたくさん並べられているために通路が狭く、そのために重い大理石を頭の上に持ち上げて手運びをしなければならない状態だった。事業主はすんなり労災請求には同意したが、話し合いの場を仕切ったのは社会保険労務士で、なぜか社労士のほうが、被災労働者に「すっかり治って元の仕事ができる状態になってから、仕事に復帰するように」言いわたした。いつ労働災害が起こってもおかしくない劣悪な職場環境で重労働を強いておいて、労災で休業すれば厄介者扱いというあまりな態度であったが、速やかに労災請求を行なうため穏便に話し合いを終えた。
中小企業が経済的な問題のために職場環境には無頓着で、それどころかめいっぱい労働者を働かしてなんとか会社を維持している現状を目の当たりにしたが、そういう事業主と結託して労働者の権利を無視する社労士がいることにも怒りを覚えた。Bさんの労災が認定されてほっとしたが、治療を終えても職場復帰できるかどうか、まだまだ問題は残っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です